スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

midol

Midol(マイドル)について

midolextendedrelief.jpg


これは、女性の生理中の薬で

主な作用として

Backache,
Cramp
Bloating
Fatigue

を改善する作用があります。

生理中に起こるmuscle spasmをおさえたり、鎮痛剤として作用する薬。
何種類も売られていて、カフェイン入りものはStimulantとして、他の成分の働きを助ける働き、Fatigueを防ぐ効果をもっています。


こないだ高校生の選手に「マイドルある?」って聞かれて、

「は?マイドルって何よ?」

みたいな顔したら「Never mind」って去って行かれてしまったという悔しい経験があるので、
軽くまとめたいと思います。



なんて見てみたら、成分は
先日のブログにエントリーしたものの組み合わせばかりで大した違いはありませんでした。

例えば、Midol Mentrual completeという製品には

Acetaminophen 500 mg
これは前回のNSAIDsでのエントリーで分かるように鎮痛剤と解熱剤の効果がありますね。
その他にもStimulantとしての Caffeineが60 mg
利尿薬(Diuretic)としてのPyrilamine maleate 15 mg


を含有しています。
Acetaminophenは理解出来ますが、なんでわざわざ生理用の薬に
NaproxenやIbuprofenを入れているのもあります。僕の感覚では、出血が増えていいとは思えないのですが、どうなんでしょう。生理2週間前から処方する事を考えると、あまり出血は関係ないのでしょうか。。


他にもAcetaminophenではなくNeproxen sodiumのものIbuprofenのものもありますが、
10代の子供ではNeproxen sodiumやIbuprofenの副作用を考え服用させないようにしなければいけませんね。

PMS(PreMenstrual Syndrome)と言って,生理前の1週間くらいから精神的に安定しなかったり、お腹の張りを感じる、疲れを感じるなどの症状がでます(200種類以上の症状があるそうです)。女性の80から90%が大なり小なりこの症状が現れるといいますが、そのPMSへ対応するタイプのMidolもあるようです。


また新しい情報を仕入れたら追記します。
Midol が手元に無い場合で求められたら、大人で副作用への反応が過敏でないことが確認出来ればNSAIDsを渡してもイイかもしれないですね。特にPain controlとしてやCrampなどの場合は。今の実習先の高校生アスリートなどはAcetaminophenを含むものしか処方出来ないので注意が必要ですが。
こう


またPamabromという成分も入っている事がありますが、
これは主に利尿作用で知られています。

ただし、Acetaminophenと組み合わせによって生理の時の不快感を和らげる効果があります。
Acetaminophenが主に痛みに作用するのに対し、このPamabromという成分はお腹の張り、膨張感などをやわらげる効果があるそうです。

この成分が含まれているのを調べてみると、
Midol Maximum StrengthやWomen's Tylenol (Menstrual Relief)などがありました。
日本ではよーわかりません。


なんて色々と調べみてみましたが、男の僕は生理がないのでさっぱりイメージできませんw


スポンサーサイト
14 : 49 : 45 | Pharmacology | コメント(0) | page top↑
<<Antihistamin | ホーム | NSAIDs (2)>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

プロフィール

takamogo

Author:takamogo
勉強中勉強中。

最近の記事

最近のコメント

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。